2017年10月17日 (火)

女心と秋の空?

ついに、夏痩せする間もなく、秋を迎えたsakaです。

逆に、家内からは”脂肪を蓄えて、冬眠に備える熊みたい” と笑われております。トホホ

さて、熊にたとえられた私。 実は干支は”うさぎ”でして。
家内と娘二人は、みんな”寅”。 家庭内での力関係を、干支が如実に語っております。

その”子寅”達は4月から県外に進学しまして、親子離ればなれの生活が4年間続くわけですし、コミュニケーションを絶やさないために、これを期に、家族のライングループを登録しました。
ちゃんと食事してるのか?インスタント食品ばかり食べてないか?と、心配して問いかけますと、 ”今夜のおかずはこれ” と時々写メしてくれます。
Img_4186_4      Img_4184
同級生が遊びに来たときのチキンライス    羽身のソテーと山芋のザク切り
Img_4181  Img_4185
レトルトのミートスパ             さすが、宮崎っ子。冷汁


最初の頃は、ごく簡単なメニューで済ませていたのが、最近は、

Img_4192  Img_4189
Img_4187 Img_4179

品数も増え、それなりに手の込んだメニューも作れるようになってきたようです。

当番で調理し、互いに腕を競っているようで、ようやく安心できるようになりました。

私   「美味しそうにできたね?!」
子寅 「見た目以上に美味しいよ!」
私   「今度帰ってきたら、作ってご馳走してよ!」
子寅 「……」

なんで、そこで”既読スルー”するのか?娘達の心がイマイチ読めない”熊”でしたcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

芸術の秋だから~準備編

季節はすっかり秋。
そういえば、最近の学校は2学期制の導入で「秋休み」なんてものがあるらしく…。

父「あれ?今日学校は?」
娘「秋休み」
父「この前夏休みやったよね…」
娘「うん、でも今秋休み」
父「・・・」

そんなこんなで 最近の小中学生が羨ましい手束です。

「秋」といえば、「読書」や「食欲」などいろいろな楽しみがあるのですが、もっぱら最近のウッドデザインは「芸術」の秋が実をみのらせているようでして。

本日はそんな我社の「お楽しみ」を紹介したいと思います。

10月といえば…そう「ハロウィン」(変換に苦労するくらい私には縁遠いのですが…)
すっかり日本の秋にも定着してきましたね。

Images

玄関先に、ハロウィンの飾り付けをされているお家もたくさん増えてますね。
造形好きおじさん、そういう物に目がないもので、ついついチェックしてしまう今日この頃。
「そろそろやってみようかな…」で始めてしまいました。

Dsc_4675

何はともあれ、最初はスケッチから始めまして…(なんとなくイメージを殴り書きしてます)
ここで作りたいもののイメージが固まってきます。

Dsc_4673

イメージが固まれば、今度は樹脂粘土でキャラクターをつくっていきます。(最近、これにハマっておりまして。楽しいんです!)

Dsc_4674

写真は「ジャック・オー・ランタン」。
調べますと本当は大きな大根らしいのですが、こっちの方が「ハロウィン」らしいですので。

Dsc_4676_2

会社の看板へのデコレート用ですので、完成した時の着色イメージを作ります。
だいたいこんな感じで方針を決定。(行き当たりバッタリですみません…)

Dsc_4678_2

なんだか だんだんとらしくなってきました。

Dsc_4683

なんとかここまできました。
10月下旬には、ウッドデザイン玄関前の小さな看板にデコレートされる予定。
さて、どんなものが出来上がるのか…「楽しみ」ですね。
おもしろい物が出来るよう頑張りたいと思います!(完成は次のブログで報告予定…できるかな…。)

皆様も「芸術の秋」挑戦してみてはいかがでしょうか。

| | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

picture

 

pictureの意味は、絵、画像、写真と広辞苑に書いてあります。

 

Image1

額縁の中に描かれた一枚の絵のお題は「秋の風景」(*´ェ`*)

少し雲がかかってきてた空の下に、双石山?が姿を見せており

清武川の水は緩やかに流れており、川岸には工事車両が( ^ω^)・・・

本当に額縁に入った一枚の絵画のように見えません?か?

Image3

今週末の14日~15日は、ここ清武町新町「View」様邸での

完成見学会を開催致します、是非ご来場下さい。

特にナイトnight見学会はお勧めですョ(o^-^o)

 

詳しくは、イベント情報をご覧下さい。

yano

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

木ん庫

 
8月終盤に開催した親子木工教室。
 
初めての開催にも関わらず、
汗ばむ陽気のなか、ご参加いただいた
オーナー様へ感謝するとともに、
スタッフ一同も思い出のひとつになる、
楽しいひと時を過ごさせていただきました。
 
そんな木工教室で製作していただいた
作品のひとつである貯金箱。
 
残った材料をかき集め、コツコツと言うより
コソコソとオリジナルな貯金箱を作成。
 
このほど、ようやく完成したので、
ご紹介します。
 
名付けて『木ん庫』です。
 
Img_3983_2
Img_3986
 
造りは雑で、美しい仕上がりではありませんが、
自分で作った喜びも伴い、味のある愛着が涌く
一品に仕上がりました。
 
来年もまた、オーナー様対象の楽しいイベントを
開催予定です。
たくさんのオーナー様のご参加をお待ちしており
ます。奮ってご参加ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

簡単ウォールアートやってみました。

今年もあと3ヶ月となりました。
例年同様、急に涼しくなってきましたね〜。
 
芸術の秋です。
 
以前から気になっていた事務所内の無表情の大きな壁。
この壁を大きなキャンバスにみたてて、
簡単ウォールアートをやってみました。

Img_8547_2

まずは黒いカッティングシートを太さを変えて、
テープ状に切っていきます。   
※最初から黒テープを使えばもっと簡単。
 
Img_8517
 
木の幹、枝を描くように貼り付けていきます。
 
Img_8558_2
 
時には離れて見て、バランス良く配置していきます。
 
Img_8569
 
こちらもオリジナルで作ったカッティング文字。
ズレないように慎重に貼り付けていきます。
 
Img_8572
 
大まかに貼り付け終わった感じです。
 
Img_8575
 
最後に木の実のようにスタッフの
フォトフレームをかけて完成です。
 
さびしかった大きな壁も表情ができました。
 
たまにはこのような”遊び”もいいですね〜。
 
心にゆとりが生まれたような気がします。
 
はてさて、いつまで残ってるかな〜。
 
 
 
 
ike502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

運動会

朝晩と寒くなってきましたが、皆様はいかが
お過ごしでしょうか❓

先週の土曜日でようやく我が家の運動会は
幕を閉じ、ホッと一息しております。


今年の運動会は、ochi家にとって盛りだくさん
でした。


長男は6年生。小学生最後の運動会は副団長を
任され、精一杯声を出して応援していました。
5年前、初めて小学校の運動会を見た時には、
やっぱり高学年は動きが違うね~、頼りになるな
~と感心していましたが、自分の子がその役を
やるとは全く思っていませんでした。
低学年では、徒競走もビリだった長男も今年は
全校リレーに選ばれ、アンカーになったものの、
さすがにトップとのレベル差があり、4人中4番。
でも差はなく大役は果せた感じです。


次男は3年生。運動は大嫌いで、中止にならな
いかなぁと雨ごいをしていました。
そして当日…雨は降らず…crying気持ちを切りかえて
がんばって、走ってました。


三男は2歳児、家の中でもずっとよーいドンの
練習を繰り返し、壁にぶち当たるまで全力疾走
イメージトレーニングは完璧ですhappy01good
ですが、やる気とは裏腹に出れる種目は3種目。
徒競走、ダンス、親子団技どれも精いっぱい
がんばっていました。

Securedownload_1
来年は、中学、小学、保育園の3連発…shock

楽しみですshinerun

ochi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

背中。

 

Img_0535

 
 
ことわざで「親の背を見て子は育つ」とあります。
 
 
Img_0528
 
 
私が建築業界で仕事を始めてもう約12年経ちます。
 
最初の頃は現場で右も左もわからず、よく職人さんの背中を見ていました。
 
 
Img_2703
 
 
そこから職人さんの技を盗む. . . .、というわけではありませんが、
 
作業内容だったり次の工程、施工方法、現場現場での物の納め方など
 
いろいろな事を学んできたと思います。
 
 
Img_2878
 
 
哀愁ただよう職人さんの背中は大きく偉大です。
 
そんな背中の職人さんたちに支えられながら、
 
現場がひとつ、またひとつと完成を迎えるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

赤ちゃんと木の家

一昨日、佐土原町の「ともに」様邸にて、「構造見学会」を開催させていただきました。

「構造見学会」は「完成見学会」とは違い、まだ工事施工中dangerの段階で行う見学会です。

完成してしまうと見えなくなってしまう「断熱材」のことや、使っている材料のこと、工法、

耐震性、省エネ性能など、ウッドデザインの家づくりの言わば”隠れた部分”や

”こだわり”を中心に見ていただこうsearchという思いで開催しています。

今回の構造見学会の様子は別の機会に報告させていただくとして…

ここでは、偶然が重なって、改めて「木の家」についての”気付き”があったので、

それについて書いておこうと思います。(勝手な思い込みかもしれませんが…bleah

構造見学会は、ゆっくり説明させていただきたいので、

参加組数限定の「予約制」で行っております。

13:00からのご予約は3組。満杯状態ですfull。次々に来場されるお客様。


お迎えすると……

”なんということでしょうsign03(ここは、劇的ビフォーアフターのナレーション風に読んでくださいcoldsweats01

3組とも赤ちゃん連れのお客様。ご夫婦の年齢も同じくらい。赤ちゃん達も同じくらい。

Img_4145_5    

「ようやく赤ちゃんと外出できるようになったので、初めて見学会に来てみましたheart04。」と

嬉しいお言葉。

それにしても、見学会デビューが「構造見学会」からとは、熱心ですねscissors

以前ご自宅にポスティングされたチラシの写真から興味がわき、

当社ホームページをご覧いただきながら、この見学会を楽しみにしておられたようです。

ありがとうございますhappy01

Img_4123_2


ひととおり構造の説明も終わり、リビングでの雑談となったのですが…


赤ちゃんがいる空間なのに、案内中、ずっと静かだったのです。

”泣き声”や”ぐずり”は一切無し。

なかにはスヤスヤsleepyとお母さんに抱っこされて眠っている赤ちゃんも。

「みんなおりこうさんだね~lovely」と、思わず声をかけてしまいました。

お母様がたも、「そう言えば、そうですね~。さっきまで車の中でぐずっていたので、

大丈夫かな?と心配だったんですけど。」とのこと。

Img_4146_2 Img_4147_2

………ここからは、私、ウッドデザインの営業スタッフとしての勝手な妄想です。(すみませんsmile

木は、刺激的な光を吸収し、優しい光を反射します。不快な音を吸収し、

心地良い音が反響しますnotes。木の優しいかおり。モイスの調湿機能や空気浄化作用。

こんな室内環境が作用して、何の先入観も無く、環境に敏感な赤ちゃん達を、

ご機嫌happy01にしてるのかなあ?

たまたま、みんな揃ってご機嫌がよかっただけなのかもしれませんが、

ニコニコ笑顔の赤ちゃんを見ていると、つい、そんな風に感じてしまうのでした。

                                         saka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

日々進化

夏の暑さが一段落したころ、やってきますのが…そう「運動会」ですね。

お母様方も、朝早くからお弁当や準備やらでお忙しい週末を過ごされていることだと思います。

子供のころ、あまり走るのが得意ではなかったので、憂鬱な朝を迎えていたことを思い出しました。

7456f7a1fe3e52b24028868f73045c26

走ると言えば…「F1」(ちょっと強引ですかね…)

中学生のころ、セナ・プロスト時代真っ只中だった私は、現在のF1を 少し悲しみながら観ているのでありました。

7caef9cb8da19c20bb4da4b0844e2b57

あの頃最強だった「マクラーレン・ホンダ」は、コンストラクターズポイントで現在9位。
ハイブリッド時代をむかえているF1界において、後発のホンダは 苦戦している状況なんです。

D574b5d7f3d450d44b3ad7de7cc9650b

しかしながら、外観の美しさは あのころと変わらず、ピカピカと光る車体…。
大きなタイヤに独特なフォルムのウイングは、造形好きおじさんにはたまらないものがあるのでした。

今後も開発を続けて行くホンダ。2~3年後は表彰台へ登っているかもしれません!

Dsc_2889

開発といえば「構造」。ウッドデザインもテクニカルをさらに強化しています。
断熱方法や、金物工法。次世代の家づくりを目指した工法にチャレンジしています。

外観やイメージでは、家の本当の良さはわかりません。
実際の施工状況や断熱方法を、建築中の現場で確認するのが一番早い方法だと思います。

Dsc_2895

今週末、佐土原の「cloverともに」にて、「構造見学会」が開催されます。

ぜひ一度、実際の現場をご覧ください。きっといろんな疑問や不安が解消されると思いますよ。

お待ちしております!

| | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

異色の匠

 
Img_6142
 
私の古い友人に、綾町で「木作屋」という屋号の手作り家具の
 
お店が有ります、現在開業して23年を迎えております。
 
Img_6033
 
木作屋の代表Sさんの作品は、5~8年自然乾燥させた
 
欅、楠、タブ他独自のオリジナル塗装、手造りの感性
 
素材を活かし作り上げる、和・洋を問わず、調和のとれた
 
作品造りをしております。
 
どこが異色かと申しますと、この業界普通は親の後を継いで何代目とか
 
一代でここまで築き上げたとかが一般的ですが、Sさんは異業種から
 
若いときは、若いときなりの元気なbombpunchannoy若者で(@Д@;、
 
木作屋を始める前は中華料理のお店をきりもりしており、
 
(切り盛りは奥さんが happy01 ) 昼はsun料理人、夜はnight独学で
 
木工職人の道を究めて現在に至っております。
 
とにかく、Sさんは何事にも一途な性格の持ち主であります
 
よくお茶を頂きます、木の話をしますと熱く厚く時間を忘れて
 
話をしてくれます、とてもとても熱い男なのです(・∀・)イイ!
 
200x150imagesstoriesimagescraft_det
 
このテーブルの天板は1個ずつコマを作り、組み込んで
 
作った作品です、誰にもまねされないオリジナルなのです。
 
0731
 
例年11月に照葉ドームで開催されます「綾工芸まつり」の様子です、
 
今年も開催が近づいております、是非お出かけ下さい。
 
yano
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«恐怖症