« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

杉の床

 
 
ウッドデザインは、木の家を造っています。
 
その床には、杉の無垢材のフローリングを
 
使用しています。
 
 
Photo57_07
 
 
杉のフローリングは、合板等のフローリング
 
に比べ、柔らかいため傷等もつきやすいのですが、
 
温かみがあります。
 
これからますます寒くなってきますが、合板の
 
フローリング等は、素足で歩いてみると、その
 
硬さゆえ冷たさを感じると思います。
 
杉は、柔らかいこその肌触りの良さと、木の
 
温もりを持っています。
 
さらに、杉の持つ風合いを生かすため、表面を
 
自然塗料で仕上げています。
 
塗膜のある塗料や圧密加工を施すと、杉の
 
フローリングでも傷つきにくく、汚れにくく
 
なりますが、せっかくの肌触りの良さが失われ、
 
冷たく感じるでしょう。
 
また、合板のフローリング等は、経年とともに
 
細かな傷が増え、表面の輝きが失われていきます。
 
一方、杉のフローリングは、人が歩くことで
 
表面が磨かれ、太陽の光を浴びることで色合いが
 
濃くなり、さらに風合いが増していきます。
 
床材の他に、たくさんの木で造られた木の家は、
 
木の香りがします。
 
そんな木の家を体感しに見学会にお越し下さい。
 
 
Img_2019
 
 
ちなみに見学会場には、木の家で使用している
 
杉のフローリングで造ったコースターを、希望
 
される方に差し上げています。
 
数量限定ですけど。
 
 
 
 
 
 
イワモト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

暮らしのケア

お引渡しをして、久しぶりのT様邸にお邪魔しました。

 

この日は定期点検の日…

T様ご夫婦と愛くるしいAちゃんが、お出迎え(^^♪

オーナー様とこうやって、点検や見学会でお会いできるのも、とても楽しみの一つなのです…

 

Img_0802

 

いつもニコニコ穏やかなT様ご夫婦には、いつも癒されます(*^^)v

 

Img_0820

 

さて、点検はF氏によって始まります。 

屋根裏・床下・サッシの調整・給排水のチェック・防油桝・植木etc…

 

ざっと、二時間はかかりました。

 

住まいの状況も変化していく中で、オーナー様の様々な気づきもあったり、検討していかなければならない課題もあったりと、快適に暮らして頂く為の点検でもあります。

 

また、木の家に永く心地よく暮らして頂く為のお手入れ方法等もレクチャーしています。 

 

今回は、無垢の床のお手入れ方法をちょこっとレクチャーshine

 

Img_0847

 

自然塗料の代表といえば、リボス…その中でも、サラッと浸透力のあるメルドスです。

塗り始めると、クセになるくらい面白いんですよ(*´v゚*)ゞ

 

今回、T様ご夫婦にも、一緒に塗り塗りやっちゃいました~

 

まずは、キッチン廻りの水はねシミを落としてリボスでコーティングshine

 

あっ!勘違いしないでくださいね。決して強制的にさせてはいないんですよ(^-^;

 

皆さんそうなのですが、床のお手入れの最初のキッカケが中々勇気がいる事なので、点検の際にお時間が許される限り、こうやって、どのような材料で、どのようにお手入れをしていくのか。一番大事な事は、オーナー様ご自身が手を入れていく事で愛着が増し、大切に暮らして頂けるという事が一番大事な事なのかと思います。

 

Img_0821 

 

家は建てて終わり、住んだら終わりではなく、しっかりと手をかけてあげなければ、長持ちはもちろんの事。心地よく住まう事が難しいような気がします…

Img_0826

 

久しぶりのT様邸… 

キモチの良い2階リビングから暖かい日差しが燦々と降り注いでた土曜の午後でした…

また、お会いできるのを楽しみにしています(^^♪

 

    kodama



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

お風呂そうじ

寒くなりましたね〜
先週までの暖かさが嘘のよう…
こう寒いと、お風呂でゆーっくり温まりたいです。

そんなわけで、お風呂のお掃除プチ情報です。

お風呂の排水口↓
 
Img_6366

皆さんご存知でしょうし、今さら〜?かもですが…
 

Img_6367

 
このフタ、外れます。
中には髪の毛や汚れが溜まるので、細いブラシでお掃除します。

↑うちは歯ブラシを新しい物に替える時、最後のお仕事で使います。
 
取扱説明書についているメーカーさんのお手入れガイドによると、
週に一度は外してお掃除してくださいとのこと。
 
 
Img_6369
 
週イチ無理でも、月に一度はお掃除したいところです。

先日、ここが外れることを知らず
入居後5年目にして初めて外した方のお話を聞いて…

すごい状態になっていたそうです…
ヒィー(((゚Д゚)))
 
放っておくと、見た目はきれいに掃除してるのに何か臭い…
となってしまいますので…

冬の楽しいお風呂タイムのために、お手入れしてあげて下さい♪

(ちなみに追い焚きのフタもはずれます〜)

ムネカタでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

WDのイス、テーブルセレクション

おはようございます。

急に寒くなって、冬の訪れをしみじみ感じております。
 
さて完成写真集でもよく登場する
イス、テーブルのご紹介です。
 
Photo44_09
 
Securedownload1_2
UUチェア
W565 D530 H730 SH430 (mm)
 
背の部分がU字形状になっていることで、背中に当たる面積も多くなり、
包まれているような感覚です。
 
また横幅も余裕があり、背と連動した肘掛も余裕があります。
長時間座っていても痛くならない、ゆったりとした座り心地です。
 
 
 
 
 
Photo52_09_2
MIテーブル
φ900, 1000, 1100, 1200 H700 (mm)
 
主張しすぎず、WDの家の空間にぴったりな大きさです。
 
食事したりおしゃべりしたり、自然と家族がこのテーブルに
集まってくるような程よい存在です。
 
またUUチェアとセットで雰囲気もよく、心地よく
お使いいただけると思います。
 
 
 
 
 
Photo50_06
 
Securedownload
Haku
W450 D495 H745 SH425 (mm)
 
カウンターのそばによく登場するのが、このHaku。
 
緩やかな窪みの座面で長時間座っていても疲れにくくなってます。
軽くて美しく丈夫です。
使い勝手もよくてWDのお家にぴったりです。
 
 
このようにWDでは空間に合ったイス、テーブルを提案しています。
実際にご覧いただきたい方は見学会会場においてますので
ぜひお越しくださいね〜。
 
 
 
ike502
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

軽トラの車窓より。

     
先週土曜日の午後、事務所に帰る道中に虹を見ました。
 
 
Securedownload
 
 
よくよく見てみると虹の上にさらに虹が( ^ω^)おっおっ!!
何かいい事ないかなと思いつつ。。
 
思い返してみれば数年前にも現場帰りに虹を見たことを思い出し、
携帯やパソコンの写真のデータを見返すきっかけになりました。
 
 
Img_7190
           『猫ろび日和』より
 
 
ありました!!
4年前に撮影した虹。現場ブログにも登場した写真です。
現場を担当していると現場工程写真だけでなく、
軽トラでの移動時間が長いためかいろいろな景色を目にしては車を停めパシャリと
写真をとっていたことが懐かしいです。
景色の写真は半分は趣味的な部分もあるのですが  (ノ∀`) アチャー 
 
 
Img_1510
 
 
これは『ひだまり縁』現場近くのコスモスです。
時期は3年前の今頃ですかね。
最近も軽トラで移動していると綺麗なコスモスの花に目がいってしまいます。
 
 
Img_5115
          『UMIKAZE』現場より
 
 
この写真は建て方当日で朝一番に現場に到着し見た景色です。
建て方当日でいろいろ緊張とかもあったのですが、
この日の出を見たことで癒され緊張がほぐれたことを今でも思い出します。
上棟の日に見たまさに幸運の日の出です。
 
写真を振り返るときりがないのですが現場を懐かしみながらも、
デスクワークに勤しむ今日この頃なのです。
 
 
                            ichiro
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
           
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

蓄熱暖房器

 
朝夕、肌寒くなってきました・・
 
そろそろ、我が家の蓄熱暖房器を稼動させようと思います。
 
1
 
今年、初稼動のWDユーザーの方へ 
 
2
 
最初に蓄熱器前の格子は取り外してご使用ください。
 
取扱説明書をよく読んで我が家のライフスタイルに
 
合わせて設定すると効果的です。
 
 
3
 
フィルター、室温センサーは矢印のサイドについています
 
 
ここで、必ずご用意してほしいものが
 
   温度計&湿度計です。
 
111
 
木の家、モイス 木製サッシ。。とは言え
 
室温が高くなると、湿度も上がって結露の原因にもなり
 
逆に湿度が低いとウィルスが活動しやすくなります
 
 【目安 室温20~22℃ 湿度 50~60%】+換気
 
自宅にて1年目 2年目と いろんな実験を行いました。
 
 
■ 取扱説明書を読んで今イチ、自信のない方は
 
  お気軽にWDにお問合せ下さい phoneto 0985-55-6588
 
スタッフがお伺いして、わかりやすくご説明いたします(*゚▽゚)ノ
 
 
■ さらに詳しい、実験結果まで知りたい方は 得能まで。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

現場チェック

ウッドデザインでは、週に1度必ず行う、

現場チェックの日があります。

スタッフ皆で現場の細部をチェックしながら清掃を行う日です。


Img_4015


柱や梁などの部材も、チェックしながら磨きます。


Img_4195


天井や、施工後見えなくなる部分も全て磨きます。


Img_4014

工事が進む中、毎週、毎週磨きをかけ

ウッドデザインスタッフの愛情が詰まった

木の家が完成していきます。


先日棟上げを終えたY様邸では

初めて現場チェックが行われました。


上棟式、もちまきも無事執り行われました。

その模様は、WORKSブログにて。。。




ヒダカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

セットバック

運動会の筋肉痛からようやく立ち直ったsakaですcoldsweats01

住宅新築のための土地探しをする際、ネットや広告に記載された
物件概要で注意した方が良い言葉に「セットバック」というのがあります。

住宅を新築するための土地は、必ず”道幅4m以上の道路に2m以上”
接していないと建築確認申請がおりません。

道幅4mを確保するのには、火災や地震などの災害時に、
消防車や救急車が通れるスペースを確保し、
スムーズな救急活動ができるようにする目的があります。

01_2

昔ながらの住宅地では、道幅が4m未満の狭い道路に接した売地がよくあります。

この売地に新築するためには、道幅を4m確保するため、道路の中心線から
2m後退したラインを敷地境界とみなす必要があり、これを”セットバック”
と呼んでいます。

下の写真の矢印の手前がセットバックした部分です。
狭い路地に新築のお家があると、こんなふうに道路が広がっているのを
目にされると思います。

Img_9184

下の図の斜線部分がセットバック部分になります。

071403

つまり、売買面積が60坪と表示されていても、セットバック部分の面積が
仮に5坪あるとしたら、実際に新築用地として認められる有効面積は55坪と
いうことになります。これは、建蔽率や容積率にも影響してきます。

当然、売買価格はこのセットバック部分の価値減少分も考慮して
設定されているとは思いますが、実際の有効面積が何坪になるのか?
記載していない場合も多く、取扱業者に直接確認した方が良いでしょう。

また、土地購入後、このセットバック部分について、
宮崎市道の一部として市に寄付する場合には、条件によっては、
分筆登記費用や既存の境界ブロックの撤去費用等
の一部を助成される制度もあります。

他にも様々な制限がありますが、詳細は取扱業者さんにお尋ねください。


地域全体の道幅が広がれば、防災対策の上でも安心ですし、
将来的に、資産価値も上がると思います。

気になる物件に”セットバック”の表示があったら、このブログを思い出して、
ついでに、ウッドデザインのことも思い出してくださいねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

調整区域

 
よく土地を探してるお客様からのご質問で「調整区域」の土地に
 
住宅が建ちますか?今まで見た土地の価格より安いんですが・・・
 
不動産業者の方から「既存宅地の土地だから建築も大丈夫」と
 
言われましたが、問題ありませんかと?
 
Image2
 
「市街化調整区域」の意味についてはご存知の方も多いでしょうが
 
原則的には「市街化を抑制する地域」であり、農林漁業を営む人の
 
住宅など一定の建物を除き一般の人が住宅を建てる事は出来ません。
 
しかし、一定の要件に該当すれば建てられる可能性はあります、
 
例えば
 
①実家が農家でその後を継ぐ人
 
②その地域に10年以上住んでいる人
 
③今住んでいる所が拡張にかかる人など
 
Image1_3
 
そこで、一般的に旧既存宅地であるかを判断する一つに
 
線引き(市街化区域と市街化調整区域が線引きされた日)前の日が
 
基準になります、その線引き前の日とは「昭和45年11月27日」です
 
昭和45年11月27日に線引きが行われたので、その前日の
 
昭和45年11月26日以前に、対象となる土地上に建物が建っている事が
 
確認できれば旧既存宅地の可能性が高いです。
 
Image1_2_2
 
なお、これ等の確認方法は、登記簿謄本で確認するか
 
市役所、役場などの開発指導課にある線引き当時の地図で確認できます。
 
調整区域に建築可能かの判断は、この他にも色々な条件が
 
絡み合っていますので、安易な判断はせずに行政機関などに
 
相談しながら進めるか、専門家に相談する事をおすすめいたします。
 
さらに、住宅ローンを利用する際に金融機関によっては土地の融資を
 
しなかったり、減額されたりするケースもありますので、売買契約書の
 
「融資利用の特約」を明確にしておくことも必要です。
 
また、今回は建築確認を受けられても将来の建て替えは?
 
数十年後に売却しようとした時に売るに売れない事態になるかも
 
さらに、敷地周辺が公道だともしても自治体による舗装や整備が
 
後手に回りがちな事や、インフラ整備の工事負担等にも
 
注意が欠かせません、「市街化調整区域」既存権があったとしても
 
リスクを抱えていることも理解しておかなければなりません。
 
 
                                           yano
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

あれから3年。。

 
宮崎市内から、10号線を北へ。。。
 
佐土原の街に入ると、こんな板壁が目に入ってきます。
  
1
             セブンイレブン隣
 
ご実家の一部を改装して
 
BARBER,SHOPをオープンしました。
 
 
あれから3年が過ぎて、  
 
久々にちょっと寄ってみた。。。
 
2
 
入口はこんな感じ。。 米スギの壁(レッドシダー)
 
 
店内にコッソリ入って驚かそうと思っていたのですが
 
お客様がいらっしゃったので、
 
予約して 行くことに
 
3
 
店内はこんな感じ。。 
 
ホッとする懐かしさがあります。
 
随所に木を使っているため、ぬくもりを感じます。
 
 
久しぶりでしたが、その距離感すら感じさせない
 
気さくなオーナー ハマスナさん(オチャメ)♪
 
4
 
『ブログ見たよ』って、言えば
 
 ~どんどん会話が広がりますょ (笑) 
 
 
是非、ブログ見られた方は行ってみてください。。 
 
                    - toku -   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

地盤

 
 
 
昨日の朝から報道されていますが、
 
博多駅前の道路が大きく陥没した映像には
 
只々驚くばかりです。
 
 
2016110800010011nishinp0015view
 
 
直接的な原因は地下30m付近で行われている
 
地下鉄の延伸工事の可能性が高いようです。
 
周辺にはビルが立ち並んでいるので、
 
普通に考えてビルの下にはその建物を支えるための
 
杭が10m〜20mは打ち込んであると思うのですが、
 
それから考えると地下鉄工事の30mという深さは意外でした。
 
 
2016110800010005bfj0015view
 
 
あるニュースではこの陥没場所の過去の地図を重ね合わせて
 
以前は田んぼであったことを報道していました。
 
 
住宅を建てる前に必ず地盤調査を行いますが、
 
その報告書の中にも同じように数十年前には
 
どういう土地でしたという地図が入っています。
 
 
 
スマートフォンのアプリで今居る場所の地盤を
 
簡単に見ることもできます。
 
 
 
Img_1876
 
 
地盤は少し離れただけで変化しますので、
 
アプリの利用は参考程度にしていただき
 
最終確認は地盤調査でしっかり行ってください。
 
 
                            yamada        来年こそは日本一!!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

memo

 
 
設計の仕事を行ううえで、必ず建築基準法
 
と言う法律が関わってきます。
 
建築基準法とは、建築物、敷地、構造、設備
 
および用途によって、最低限の基準を定め、
 
国民の生命、健康、財産の保護を目的とした
 
法律です。
 
そして、この法律に関連して、建築基準法施行令、
 
建築基準法施行規則、建築基準法関係告示など
 
もあります。
 
建物の設計は、これらの法律を遵守しながら
 
行わなければならないのです。
 
そこで、これらの法令を網羅するバイブルとして
 
愛用しているのが、『基本建築基準法関係法令集』
 
です。
 
 
Img_1965  
 
 
私の場合は、オレンジ色の物を使っていますが、
 
様式の違う青色、緑色等の物もあります。
 
この、『基本建築基準法関係法令集』を愛用して
 
いるとは言え、難しい法令が難しく書かれている
 
ため、取っ付きにくく、該当する法令を捜し、
 
読んでいると意識が遠のきます。
 
そこで、頻繁に使っているのが、『建築申請memo』
 
です。
 
 
Img_1964_4
 
 
難しい法令を、図解付きで、わかりやすく説明
 
している物です。
 
おそらく、設計に携わる殆どの人は使っていると
 
思います。
 
 
Img_1967
 
 
   法令等は、難しい文章で、理解し難く、捉え方が
 
わからないものが多いので、『建築memo』の
 
存在は、すごく助かります。
 
本来なら、このようなお助けグッズは使わずに、
 
全て暗記していれば頼もしいのですが、何せ
 
入って来る物より、出て行く物が多いお年頃なもので・・・
 
 
 
 
 
イワモト
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

mrt企業対抗運動会参加してきました!!

おはようございます。

運動会でこんがり日焼けしたIKE502です。
 
去る11月3日、宮崎臨海公園サンマリーナで開催された、
第2回mrt企業対抗運動会に参加してきました。
 
スカッとするような秋晴れでの大変気持ちよい天気の中、
24の企業が一同に集まり、白熱した競技にみんな大盛り上がり。
 
WDのオーナーさん、業者さん、スタッフが一つになって
挑んできました。
 
チームWDの誕生です!
 
Dsc_0702
いよいよ始まります。
 
Img_6594
円陣を組んで気持ちを一つに!
優勝めざしてがんばるぞ!
みんなやる気満々です。
 
Dsc_0721
チームWDの最初のエントリーはエースI様から登場です。
 
Dsc_0763_2
親子で力をあわせ、大玉ころがし
 
Dsc_0807_2
息のあった10人11脚
 
Img_9766
フォークダンスでリラックスです。
 
Dsc_0842
芸人の「ガリットチュウ」さんも気合入ってます。
 
Dsc_0894
キッズも全力で参戦。
 
Img_9789
接戦必至の玉入れ
 
Img_9808
気合の入る大綱引きに盛り上がります
 
Dsc_0926
パワープレー、ラグビーのような竹取物語
 
Img_9825
足並みそろえた長縄跳び
 
Dsc_0980
最後の競技は企業対抗リレー。
この日一番の大盛り上がりです。
 
Dsc_0987
力を出し切った表情。
みんなすがすがしい。。。。
 
Img_9831
ちびっこも無邪気で、すがすがしい。。。
 
Img_9843
祭りのあとの記念撮影。
みんなほんとよくがんばりました。
 
チームWD(オーナーさん、業者さん、スタッフ)一丸となっての
初参戦でしたが、他企業に負けない団結力で、
堂々とした戦いっぷりでした。
 
仕事を忘れ、普段の生活を忘れて、
みんな童心にかえった貴重な1日は
笑いあり、笑いあり、ズッコケありで大盛り上がりの
大成功だったのではないでしょうか。
 
mrtの皆様、オーナーの皆様、協力業者様、
本当にありがとうございました。
 
成績は想像にお任せするということで。。。。
 
 
 
 
 
IKE502でした。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

住まいの定期点検


WDでは引き渡し後、1ヶ月。半年。1年。2年。3年。5年…と定期的に訪問をさせて頂いてます。

 

定期点検を行うことによってお施主様が安心して頂くという事、それと同時に住まいの状態のチェック。安心・安全・快適に暮らして頂く為に定期に点検が行われます。

 

住まいの状態のチェックする為の訪問でもあるのですが、お引き渡しをしてからの木の家の経年変化を拝見出来る事も私達の楽しみの一つでもあるのです♪ 

 

先日、お引き渡し後2年を経過したH様邸にお邪魔しました。

 

まずは、床下から…

Unspecified


 

お引き渡しから二年経過の床下。

床下点検の目的は、シロアリや水漏れのチェックです。

2年前、現場監督S氏が掃除機片手に心残りなく隅々まで掃除した床下…

変わらずピッカーンshine です!

Img_0670

 

点検後は、お施主様に写真を確認して頂きます。

 

その後、サッシや玄関ドアの調整…

外廻りでは庭木や雨樋の確認… 

 

ざっと、2時間程の点検。

 

最後に、お施主様にサインを頂き、今回の2年点検も異常個所も無く、無事に終わりました。

 

Img_0699

 

2年経過したH様邸は、柱や梁がいい感じに色が入って、とても居心地のいい空間になっていました。

Img_0798


これから、3年、5年…と点検には伺いますが、不具合やお困りの事が起きましたら、もちろんスピーディに連携を取り、お伺いしますのでご安心を!(^^)!

 

貴重なお休みのところ、お時間を作ってくださってありがとうございました。

 

   kodama

 

 

 






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

秋の味覚

なかなか秋が来ない..
と思っていたら、あっというまに冬に突入しそうです。
短い秋となりそうですが、秋の味覚はやっぱり嬉しい♪

子どもがお芋ほりで収穫したお芋をもらってきました。
わが家は定番、大学芋でいただきます♪♪
 

材料はこちら。

・いも
・砂糖 大さじ3
・油 大さじ3

これを全部フライパンにいれて、蓋をして着火。

Image

パチパチ言い出したら火を弱めて、10分。
たまにお箸で様子を見ながら…
飴がからまったら、油をのこして芋だけ取り出して完成♪


Image_2



切って火をかけるだけのズボラレシピ
少し冷まして、できたてのカリカリ。美味しい♪
 
庭木はまだまだきれいな緑色。
これからの寒さで、日々少しずつ色づいてくるでしょうか。

今日からもう11月。
旬の味をいただきながら、冬の気配を感じたムネカタでした。


ムネカタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »