« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

散歩。

   
久しぶりに先日、地元の日南に帰って来ました。
 
最近は油津商店街の再開発や大型客船の来航、
 
広島カープの優勝の影響も相まってなにかと賑やかになった日南・油津。
 
そんな油津の中心街を散歩といきたいところでしたが、
 
中心街から徒歩で約10分くらい山側に入った地元中の地元を散歩してきました。
 
 
Securedownload2  
 
 
小学生の頃によく遊んだ小学校の裏山や通学路。
 
もっと木が生えてたはずですが、今では放牧場みたいな草原にΣ( ゜Д゜)ハッ!
 
でもこの緑に癒されます。
 
 
Securedownload3
 
Securedownload4_2     
 
 
近くの田んぼでは早くも田植えがしてありました。
 
宮崎市内にいると田植えはまだまだのような気がします。
 
 
Securedownload
 
 
また山桜も満開で綺麗でした。
 
しかしながら、こんな所に大きな山桜の木があったとは。。  
 
宮崎市内にいると日々の忙しさで周りの自然を気にかける
 
余裕もなくなっていた気がします。
 
また周りの変化や今まで見えていなかった物に改めて気づかされました。
 
地元の自然に癒され春の訪れを感じられた一日でした。
 
 
 
 
 
                                            -ichro-
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

傘掛けどうでしょう?

rain雨の日の必需品、傘sprinkle

でも、晴れsunの日には邪魔ですよね?

我が家の場合、ただでさえ狭い玄関土間に
家族分の傘sprinkleがささった"傘たて”が鎮座しており、  
出掛けに服を引っ掛け、ガシャーンと倒したりと
たいへん往生しておりますbearing
Img_2961_2
事務所の傘立て(雨の日にむけて待機中。結構、邪魔)

一方、ウッドデザインの家の場合、下の写真のように
シューズクローク内の造作に傘賭けがありますので、
すっきり収納できて、邪魔にはなりません。

Dsc_12001

でも、ここに雨で濡れたままsweat02の傘をいきなり掛けるのは
ちょっと抵抗ありませんかsign02

土間にはポツポツと雨だれsweat02sweat01が落ちて、
シミになるかもしれませんsad

そこで提案flairしたいのが、これdown
Photo
アイアン製の”傘掛け”です。

素材、形、色とウッドデザインの家にぴったりだと思うのですが…

これを、玄関の外の郵便受けの下あたりに付けると

Photo58_041

来客の傘も掛けれるし、家族の帰宅時の水切り用にも使えるし、
玄関内はビシャビシャにならないし、
重宝するのではないかと思うんですが、いかがでしょうかsmile

Images_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

もっと光を!

OB様より、足元を照らしたい…との相談がありました。

住んでみていただきわかったことなのですが、夜のアプローチ階段の部分。
上段部とカーポートに照明はあるのですが、階段を降りる時に暗く見えにくい…。
確認したところ、やはり見えにくくなっておりました。

改善の始まりです。

Dsc_3169

根本的な改善を図る前に、現状を改善しなければなりません。
急ぎ器具を選ぶことから始めました。

Dsc_3167

電源が現段階ではないので、電池式とすること。
後に根本的な改善が入るため、それを邪魔しないこと。
取り外し、メンテナンスが容易なこと。

Dsc_3165

そこで「装飾」として設置して、電源の心配のいらない太陽電池式とします。
電球は省エネで照度もある程度は確保できるLEDとしました。

Dsc_3168

さっそく材料をそろえて制作がスタート。

Dsc_3170

耐久性やコストも考えた器具選定となりました。

Dsc_3171

そして完成したものがこれです。
名付けて「簡易・移動型プランターカバー…(仮名)
足元を照らす位置や高さ等を自由に調整できますので、後からの参考にもなると思います。

Dsc_3172
こちらはイメージ図のアングル…。図とは少し違いますね。

とりあえずは現状を改善。根本的な改善を急ぎ続けます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

インテリアをリニュアル

 
Image1_8_3
 
ウッドデザインの見学会にお見えになるお客様には、
 
ぬくもりのある、自然素材を使った手造りの家を
 
楽しみに来られますが、なかにはインテリア雑貨が
 
どんなのがあるのか?どのようにディスプレイされているのか?を
 
楽しんでご来場される方々もたくさんいらっしゃいます。
 
Photo_3
 
そこで、今回は皆さん、ご存知のzakka shopのambienceさんの
 
ご協力でインテリア雑貨等を全面リニュアルしようと考えております。
 
Image1_27_5
 
ambienceさんとの企画は、完成したお施主様からお引渡しの時に
 
よくスタッフにプレゼント頂き、そのなかにambienceさんの商品を
 
頂くのがあり、今回コラボさせて頂くことになりました。
 
 
_mg_3787_5
 
次回の完成見学会にはリニアルされた素敵なディスプレイにも
 
注目して頂いて、見学会を楽しんで頂ければと思います。
 
では、会場でお待ち致しております。
 
yano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

ウッドデザインがウッドデザイン賞入賞!

先日のLIXILメンバーズコンテスト2016 に続き、

こんどはウッドデザイン賞に入賞しました。
 
Img_7314_3
 
ウッドデザイン賞とは、木の良さや価値を再発見させる製品や
取り組みについて特に優れたものを消費者目線で評価し、
表彰する新しい顕彰制度です。
これによって”木のある豊かな暮らし”が普及・発展し、
日々の生活や社会が彩られ、木材利用が進むことを
目的としています。
 
このウッドデザイン賞開催は林野庁の事業で、
国から評価されたことがとても嬉しく思います。
 
これからも木の良さや価値を再発見できるような
取り組みをどんどん進めていこうと思います。
 
 
ike502
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

太陽の塔

 
 
 
このブログを書いている3月14日は、
 
巷ではホワイトデーです。
 
ホワイトデーの由来は、ある菓子店が考案した、
 
マシュマロをお返しにと広め、マシュマロの
 
白い色からホワイトデーになった。と言う説と、
 
飴菓子の組合がキャンディをお返しにと広め、
 
キャンディの原料の砂糖の白い色から、
 
ホワイトデーになったという説などがあるようです。
 
前置きが長くなりましたが、
 
47年前の3月14日は、大阪で日本初の万国博覧会
 
が、初日を迎えた日でもあります。
 
この大阪万博で有名なのが『太陽の塔』です。
 
そこで思うのが、太陽の塔の外観は見たことあるけど
 
中身はどうなっているの?と言う疑問です。
 
そもそも太陽の塔は、芸術家の岡本太郎氏の作品で、
 
大阪万博で公開されました。
 
 
132299496484813229687_tumblr_lbt9b0
 
 
気になる太陽の塔の内部ですが、
 
真ん中に高さ41mもある『生命の樹』と言う
 
オブジェが設置されています。
 
 
Seimei01
 
 
この『生命の樹』は、単細胞生物から人類が誕生
 
するまでの様子を生物の模型によって表現した
 
作品で、当時は300体の模型が取付けられていて、
 
電子制御で動いていたそうです。
 
そして、この模型の製作は円谷プロが行ったそうです。
 
太陽の塔は建築物と言うより芸術ですが、内部の画像を
 
見て感じたのが、スペインにあるガウディの
 
サグラダ・ファミリアの内部の画像を見た時に似た衝撃 
 
を受けました。
 
建築物と言う無機質な物で無く、生き物の内部を見ている
 
ような感じと言うか、何と言うか不思議な感覚です。
 
まさに『生命』を感じます。
 
機会があれば実物を見たいものです。
 
またひとつ、見たいものが増えました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

室内物干しにはコレ❗️


こんにちは、花粉症でまだまだ点鼻薬とマスクが手放せおないochiです(^_^;)


みなさんは、花粉や梅雨などの季節の洗濯物対策どうしてますか?


花粉症に悩まされずに、家事をこなすためには、室内に洗濯物を干すことは、必要不可欠!!


我が家は、ずっと共働きなので夜な夜な家事をする習慣のある私は1階から2階に洗濯物を運ぶのは効率が悪いとワガママを言って、お風呂も2階に持ってきて貰い、洗面所で洗濯物を仮干し、

Securedownload_2_2

その後南側のベランダのある寝室にスライドして、室内干しするために、

Securedownload_3


川口技研のホスクリーンを建築中に取り付けて頂きました(^^)


ホスクリーンというのは、天井からぶら下げ、物干し竿を通して、洗濯物を干すためのアイテムです。


http://www.kawaguchigiken.co.jp/products/monohoshi/indoor-spot


使わない時は取り外してしまっておけるので、家がスッキリします♪


しかし、梅雨時には乾きが悪いのであと一ヶ所干す場所が欲しいなぁと思っていますが、ホスクリーンを買い足すには予算が。。。



ウッドデザインの家で蓄熱暖房を入れておられるお宅のご感想をスタッフから聞いていると、洗濯物を室内に干すとよく乾くよぉ〜!!と言う声をよく聞きます( ´▽`)


さすが、蓄熱暖房とモイスの吸湿効果で、浴室乾燥や除湿機は無用なのですねぇ〜〜(≧∇≦)


夜間の電力を使うので、節電効果もありますし〜〜V(^_^)V

我が家は、梅雨対策までには、どうにかしないとなぁと、色々室内干しグッズを探しているとダイソーでいいものを見つけました!!

shine室内用ポール受けshine

Securedownload_4


かもいのようなところがあれば設置オッケーのようです(^^)


総耐荷重は、約6㎏までなのでうちの2歳のチビ太郎の服をガンガンかけようと思います(^^)



ホスクリーンもダイソーの室内用ポール受けも、とっても便利でオススメです(^^)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

LIXILメンバーズコンテスト2016 入賞しました!

LIXILメンバーズコンテスト2016の結果が発表されました。

結果は「敢闘賞」。

Img_7311

TT様邸"smile"が受賞されました。

Photo52_01

Photo52_03

LIXILメンバーズコンテストは、
お客様にとっての“いい住まい、いい暮らし”を
いかに実現するかを競う住宅施工例コンテストです。

昨年の準大賞に引き続きの受賞で大変感激しております。
お施主様、業者さん、関係者の方々であるチームウッドデザイン
の思いを乗せての受賞ですね。

これからも快適な住空間を追求し、
上質な住まいや暮らしを実現する家作りを目指して
いこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正社員 工務 募集!

株式会社ウッドデザインでは事業拡大のため、

現在以下の求人を募集しています。

 

ウッドデザインを一緒に盛り立ててくれる

スタッフを募集したいと思います。

自然素材の家づくりを私達と一緒に行いませんか?

下記をご覧のうえ弊社までお問い合わせ下さい。

(他にこんな仕事できます!どんどんアピールしてください。)

【募集職種】
工務・現場監督の経験のある方ご応募お待ちしております。

【必要資格・免許】
要普通免許

【福利厚生】
社会保険完備、賞与年2回(2016年度実績)

【給与】
基本的には能力に応じた給与体系となります。

【応募方法】

tel 0985-69-6828

または kinoie@wooddesign.co.jp  までご連絡ください。

以下は必ずご記入頂きますようお願いいたします。

「お名前、ご住所、連絡先、応募理由、これまでの経験」

 

あなたの経験を活かせる場、成長できる場を

ご用意してお待ちしております。

 

ウッドデザイン

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

マグニフィカ!

WDにはコーヒーcafe好きの社員が多いんです(全員かな?!)

朝の仕事はじめ、昼食後、三時の休憩タイムと、一人当たり2~3杯は消費していると思います。

Unnamed_1_2

朝一番のコーヒーは、紅一点のochiさんがおいしく淹れてくださって、

各自の席までデリバリーして頂くという、まさに至れり尽くせりheart04だったのですが、

男女同権、仕事の効率化という時代の波は、わがWDにも押し寄せてきておりまして、

飲みたい人が飲みたいときに自分で淹れるというセルフサービス方式での良い方法は

無いかということになりまして…

コンビニカフェのように、1杯ずつ淹れることのできるコーヒーマシンの導入を

オフィスコーヒーサービスの会社に問い合わせ、サンプルや見積を取り寄せたのですが、

何れも「帯に短し、襷に流し」で、おいしい物は1杯あたりが100円近くup、高くつくし、

粉末コーヒーのマシン(某うどん屋さんにあるセルフ給茶機みたいな物)は、

単価は安いがdown、味はイマイチでお客様には出せない…bearing

こうして、セルフサービス方式を諦めかけていたのですが、

ついに、ochiさんが窮地を救ってくれました。shine

知り合いのコーヒー屋さんから、高性能オイルヒーターで有名な

イタリア、デロンギ社の全自動コーヒーメーカー、その名も”マグニフィカ”を

調達してこられたのです。

Unnamed_2_3

1杯ごとに豆を挽いて、抽出するまで約30秒。

マイルドコーヒーから本格的カプチーノまで、ボタン操作するだけ。

仕事がら、GAGGENAU,Miele,ASKOなどのヨーロッパ製電気製品の高性能は

知っていましたが、まさに「マグニフィカ!(イタリア語で”すばらしい”の意)」

お蔭様で、みんなの仕事もバリバリ捗っておりますdash

そして、ochiさんの”迅速な行動力”と”顔の広さ”に感謝です。まさに「マグニフィカ!」です。

(あ!ochiさんご本人は小顔ですよcoldsweats01

お客様にも、WD自慢のスペシャルブレンドコーヒーcafeをぜひご賞味いただきたいと思います。


お気軽にお出でくださいねlovely

| | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »