« 「無いものは作る」の文化 | トップページ | 拘り。。 »

2017年7月 1日 (土)

何事も楽しんでやる!

自宅トリマーのsakaです。

久しぶりにワンコの毛刈りをしてやったら、気持ち良くなったのか?いつもの数倍

顔をペロペロされました。
Img_2175

この役目、トイプーの家族が4匹に増えた6年前、トリミング代が

馬鹿にならなくなったので、家長である私が引き受けることになり、

最初の頃はおっかなびっくり、バリカンを持つ手も震えて、ワンコも怖がっていました。

しかし、慣れれば、より可愛くしてやろうと欲も出てきて、最近は娘のリクエストで

アフロカットに挑戦しています。

Img_2178

4匹まとめてトリミングは大変なので、休日に1匹ずつやっています。

ですから、大変だとは思いません。出来るだけ楽しんでやるのが

コツのようです。

住まいのメンテナンスも同じだと思います。

ウッドデザインの木の家はメンテナンスが大変そう。と、見学会で口々に

言われます。

でも、メンテナンスが要らない住まいってあるのでしょうか?

いかに技術が発達して優れた建材が発売されても、全くメンテナンスが

いらないものって未だありません。

メンテナンスが大変と思う気持ちは、ご主人一人だけが汗水垂らす光景が

目に浮かんでいるからではないですか?


日々のお掃除にしても、年1回のウッドデッキの塗装にしても、

自分一人でイヤイヤやるより、家族全員で役割分担して、

ワイワイ楽しみながらやってはどうでしょう?


休日の朝食前に、30分だけ家族全員で家の内外を掃除する。

掃除の仕方を子供に教える。うまくできたら、褒めてあげる。

教育でも、躾でもない、親子のコミュニケーションから自然に

物を大切にする心や、住まいへの愛着や、親への尊敬の気持ちが

芽生えてくる。しかも、みんなが楽しみながら。

Img_2953

さあ、綺麗になったウッドデッキで家族全員で朝食といきましょう。

 

|

« 「無いものは作る」の文化 | トップページ | 拘り。。 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2334990/71012990

この記事へのトラックバック一覧です: 何事も楽しんでやる!:

« 「無いものは作る」の文化 | トップページ | 拘り。。 »