カテゴリー「住まい・インテリア」の8件の記事

2017年7月10日 (月)

やさしい写真教室

おはようございます。

先日、建築写真の専門家がやさしい写真教室を
開催されるとのことで、行ってまいりました。
 
Img_7766
 
その名も「やさしい写真教室」です。
 
Img_7770
 
初心者向けの講習会ということだったのですが、
時間も4時間近くもあって、みっちり充実した内容でした。
 
初心に帰ろうという意気込みで受講したつもりだったのに、
知らなかった技術などもあって、めちゃくちゃ勉強になりました。
う〜ん、奥が深いですね〜。
 
前半はひたすらお勉強、後半に実践演習です。
 
Img_7774
 
デジカメだけでなくスマホでも上手に撮るコツも習ったので、
受講生みんなそれぞれにカシャカシャ撮ってます。
 
その後は撮った写真を確認して、お開き。でした。
 
Img_7692
 
というわけで、せっかくとてもいい勉強になったので
これからは反映させないといけませんね。
 
もっともっと腕に磨きをかけて、いい写真をとらなきゃ
と思った講習会でした。
 
IKE502
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

何事も楽しんでやる!

自宅トリマーのsakaです。

久しぶりにワンコの毛刈りをしてやったら、気持ち良くなったのか?いつもの数倍

顔をペロペロされました。
Img_2175

この役目、トイプーの家族が4匹に増えた6年前、トリミング代が

馬鹿にならなくなったので、家長である私が引き受けることになり、

最初の頃はおっかなびっくり、バリカンを持つ手も震えて、ワンコも怖がっていました。

しかし、慣れれば、より可愛くしてやろうと欲も出てきて、最近は娘のリクエストで

アフロカットに挑戦しています。

Img_2178

4匹まとめてトリミングは大変なので、休日に1匹ずつやっています。

ですから、大変だとは思いません。出来るだけ楽しんでやるのが

コツのようです。

住まいのメンテナンスも同じだと思います。

ウッドデザインの木の家はメンテナンスが大変そう。と、見学会で口々に

言われます。

でも、メンテナンスが要らない住まいってあるのでしょうか?

いかに技術が発達して優れた建材が発売されても、全くメンテナンスが

いらないものって未だありません。

メンテナンスが大変と思う気持ちは、ご主人一人だけが汗水垂らす光景が

目に浮かんでいるからではないですか?


日々のお掃除にしても、年1回のウッドデッキの塗装にしても、

自分一人でイヤイヤやるより、家族全員で役割分担して、

ワイワイ楽しみながらやってはどうでしょう?


休日の朝食前に、30分だけ家族全員で家の内外を掃除する。

掃除の仕方を子供に教える。うまくできたら、褒めてあげる。

教育でも、躾でもない、親子のコミュニケーションから自然に

物を大切にする心や、住まいへの愛着や、親への尊敬の気持ちが

芽生えてくる。しかも、みんなが楽しみながら。

Img_2953

さあ、綺麗になったウッドデッキで家族全員で朝食といきましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

アイロンどこでかけてますか?

みなさんは、どこでアイロン掛けしてますか?

Aironn_2

我が家の場合は、リビングにアイロン台とアイロン、洗濯物を持ち込んで

床に座って掛けてます。子供たちが小さかった頃、アイロンの廻りで遊んで

ヒヤヒヤした思い出があります。(ある統計では、リビングが67%、寝室が

11%となっていました。)


また、アイロン台とアイロン、その他(スプレーのり等)の収納場所にも困っています。

ほぼ、毎日の作業ですから、我が家のことは別として、これからマイホームを

お考えの方に、何かご提案できないものかといろいろと調べておりましたら、

ありました。

Maxresdefault_1 Maxresdefault_2
リトラクタブルアイロンボード

使わないときは、折りたたんで洗面台等の引き出しの位置に収納できる

ものです。金具は、イタリアのアルミ金具専門メーカーが開発した物で、

耐荷重、耐久性ともに万全のようです。

イメージは、動画でどうぞ。https://www.youtube.com/watch?v=wAh9VC8Y1ZI

Img_30061_2

ウッドデザインの洗面台にも工夫しだいで何とか設置できそうだと思うのですが…

いかかでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

見学会へいこう

7482148
こんにちは。
みなさんは、何回ほど見学会に足を運んでいますか?
家づくりのイメージを確かめるには、実際に現場見学会へ行くのがイチバン。
ウッドデザインでも、構造見学会と完成見学会とOB宅見学会(居住宅見学会)と
3種類開催しておりますよhappy01
資料請求やHPで見ていただき、気になっていることがあれば、積極的に参加して
もらいたいgood
その理由は????
one. 完成した家や家づくりの現場を実際に見て学ぶところがたくさんありますup
two. 家づくりで疑問に思っていることや不安に感じていることなどをわが社の営業
   スタッフと一緒に見ながらたくさん聞けるのでサクッと解消できるup


three WDのスタッフの気さくな対応とどのような仕事をしているのかをよく知ることが
   できるup
はじめて行く場合何を用意していいか悩みますよね・・・weep
持って行くと見学がスムーズに進む、お役立ちアイテムをご紹介します。
house筆記用具・ メモhouse
住宅の見学では、とにかく得られる情報が多いので、メモできるアイテムは必須です。
走り書きしたい時や、パンフレットに書き込みたい時などに、筆記用具はあったほう
が便利です。
ng撮影に関しては、お施主様のご自宅のため、遠慮してほしいと考えている場合が
  ほとんどですので、控えましょう。
house聞きたいことリストhouse
自分が重要視するポイントをまとめておき、リストにしていくと良いでしょう。
聞いておきたいポイントを整理しておかないと、つい聞き逃してしまうからです。
リストには、設備や素材のことだけでなく、デザインの自由度やアフターサポートなど
の質問も入れておくのが良いと思います。
また、土地探しから手伝ってもらえるのかなど、建物以外の情報も聞き逃してしまい
がちなポイントですので、リストに入れておくことをおすすめします。
house理想のイメージがあればその写真や要望などhouse
気になった施工事例を、雑誌の切り抜きやスマホなどで見られるように準備しておく
と、理想の家のイメージを伝えやすくなります。
事例写真は、少しずつ集めていくことで、自分たちのイメージが明確になるので、
打ち合わせに役立ちます。




つぎに、見学会のみどころを、ご紹介いたします。
one 構造見学会
完成してからでは見ることが出来ない、壁に隠れてしまう前の木造の骨格や構造、
断熱材、職人の仕事ぶりなどをご覧いただけます。
flairポイントは?
どのような工法なのか、柱や梁にはどのような素材を使用しているのか、耐震対策
や断熱工事などを担当者に色々と質問してください。
two 完成見学会
完成したばかりの引き渡し直前の家を見ることができる見学会です。
建てたお施主様の要望に対してWDがどのような工夫や提案をしたのかを見ていた
だくことができます。
モデルハウスでは見ることのできないリアルな住宅を見ることができます。
flairポイントは?
ライフスタイルに合った間取りや生活動線がスムーズな間取りになっているか、
外観や内装などの仕上がりはどうかなど、家づくりへの姿勢やデザイン力などを
確認できます。
気になったことや知りたいことがあれば遠慮せずに担当者に聞いてください happy01good
three OB宅見学会(居住宅見学会)
すでに住んでいる家を見せてもらう見学会です。
引き渡し直前と違い、そこに住んで生活をしている家を見るのでは、また印象が
変わって見えますよ。
WDのOB宅見学会は、OB様とWDスタッフとの良い関係があるからこそ、開催
されているので、WDスタッフのOB様への姿勢をぜひ見に来ていただきたいです。
flairポイントは?
担当者には、なかなか聞きにくいことも、OB様に聞いてみることができます。
実際に住んでいる方の話を聞けるのは貴重なので色々と聞いてみましょう。
事前に聞きたいことをまとめてメモをしておけばスムーズにいきますよ。
今月は、オーナー様のご厚意により住まいの見学会を開催します

     住まいの見学会in『田野の家』

             昼の部

     『 6月24日(土)25日(日) 』

          10:00 ~ 17:00 
             夜の部
 
         『 6月24日(土) 』

          19:00~ 21:00 




お引渡しから5年。その間、オーナー様が子育てを楽しみながら月日を重ねた木の家の色合いの変化など、家族の暮らしに対応した間取り、とても素敵な住宅になっております

少しでも気になる方はお気軽にお越しください

0624map01

ochi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

フォトコンテストご応募ありがとうございました。

おはようございます。
 
 
4〜5月に募集しておりました、
第一回ウッドデザイン杯 フォトコンテスト、
たくさんの作品をご応募いただきました。
 

Event_flyer_photo_contest01

 

そして先日、厳選公平なる審査が行われました。
 
応募いただいた作品はほんとに
どれもこれも素敵な写真ばかり。
 
Aaimg_7698
 
選抜された作品を並べて。。。。
 スタッフみんなの鋭い視線が降り注ぎます。
 
しかしながらどれも素晴らしい作品ばかりで
順位をつけられない。。。
 
Aaimg_7700
 
「なるほど〜」や「これもいいね〜」「さすがですね〜」 など
さまざまな声が聞こえます。
 
さすがオーナーのみなさん、
「我が家のお気に入り」をよく知ってらっしゃいますね〜。
写真から想いがにじみ出ております。
 
Aaimg_7699
 
さ〜て、入賞に選ばれたのはどの作品でしょうか。。
優秀、最優秀の入賞者には直接連絡いたします。
 
さらにHPにて掲載予定ですので、
結果をお楽しみに〜。
 
 
 
 
審査委員長ike502
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

ビルドレン2017年春

おはようございます。

 
先日、今年最初の協力業者会「ビルドレン」 が開催されました。

Bi01

この協力業者会「ビルドレン」  は、

お施主様の大切な家を迅速に安全に、そして美しく仕上げるために、

それぞれの役割やスケジュールを確認しあったりする会です。


 
協力業者さんは大工さんをはじめ、

基礎屋さん、電気工事屋さん、

家具屋さん、塗装屋さん、etc......。

多岐にわたる業者さんが揃っています。



緊張の第一回から始めて、

5回目を迎えました。
 
そして今回も専門の講師等を招いての勉強会。

Bi02

この日は省エネ住宅について、しっかりと勉強でした。

みんな真剣そのものです。

じっくり勉強したあとは。。。

Bi03

お待ちかねのお花見です。

この日はあいにくの雨でしたが、満開の桜の下で

舌鼓を打っておりました。

Bi04

海鮮入りのバーベキュー(≧∇≦)

 
Bi05

いつも真剣に黙々と仕事をしている職人さんたち、

ここでは笑顔があふれておりました。

そしてみんなそれぞれに、労をねぎらい、

結束を強く固めたのでありました。

 

IKE502でした。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

LIXILメンバーズコンテスト2016 入賞しました!

LIXILメンバーズコンテスト2016の結果が発表されました。

結果は「敢闘賞」。

Img_7311

TT様邸"smile"が受賞されました。

Photo52_01

Photo52_03

LIXILメンバーズコンテストは、
お客様にとっての“いい住まい、いい暮らし”を
いかに実現するかを競う住宅施工例コンテストです。

昨年の準大賞に引き続きの受賞で大変感激しております。
お施主様、業者さん、関係者の方々であるチームウッドデザイン
の思いを乗せての受賞ですね。

これからも快適な住空間を追求し、
上質な住まいや暮らしを実現する家作りを目指して
いこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正社員 工務 募集!

株式会社ウッドデザインでは事業拡大のため、

現在以下の求人を募集しています。

 

ウッドデザインを一緒に盛り立ててくれる

スタッフを募集したいと思います。

自然素材の家づくりを私達と一緒に行いませんか?

下記をご覧のうえ弊社までお問い合わせ下さい。

(他にこんな仕事できます!どんどんアピールしてください。)

【募集職種】
工務・現場監督の経験のある方ご応募お待ちしております。

【必要資格・免許】
要普通免許

【福利厚生】
社会保険完備、賞与年2回(2016年度実績)

【給与】
基本的には能力に応じた給与体系となります。

【応募方法】

tel 0985-69-6828

または kinoie@wooddesign.co.jp  までご連絡ください。

以下は必ずご記入頂きますようお願いいたします。

「お名前、ご住所、連絡先、応募理由、これまでの経験」

 

あなたの経験を活かせる場、成長できる場を

ご用意してお待ちしております。

 

ウッドデザイン

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

住まい・インテリア